風船 ペープサート。 赤い風船ルルル~「ふうせんのうた」ペープサート型紙配布中♪保育園や幼稚園で手軽にできるお楽しみ♪|かえる、ちょうちょ、さかな、わに、りんご、カニ等 | 男性保育士あつみ先生の保育日誌/おすすめ絵本と制作アイデア

「だるまさんが」のペープサートを簡単に作る方法

絵本や紙芝居のように平面のイラストを見るよりも、実際に動く人形を見せる事で子どもも注目を集めやすいです。 このように、「集まると何か楽しいことが始まるぞ」「先生のお話って楽しいな」と分かるようになると、話を聞く態度も身に付いていきます。 その時の子どもの状況や好き嫌いなどに合わせて臨機応変に演じることが大切です。 口の部分にはビニール袋をつけておくとよいでしょう。 裏側にイラスト描く。 小規模園に勤めてるらしい。 持ち手をつかんで裏表を返しながら操作します。

>

保育で実践!かんたんペープサート~ねらい・作り方・演じ方~

on 2014年10月1日• 色々なものを見せ「作ってみたいな」という気持ちをくすぐる仕掛けをしていくことが大切です。 次に移りたいけど、なかなか園児たちが注目してくれず、まとまらない…、そんな時におすすめです。 出席を取る、お当番の時にマークに使う、グループ分けや誕生表に使うなど、自分のペープサートを使うことで保育園生活も楽しくなることでしょう。 自分の似顔絵を描くのはハードルが高いかもしれません。 子どもたちの集中力を養う 【集中力】は、ある一定の時間、先生の話をその場で聞いたり注目したり、予想をしたり考えたりする時に必要になります。 今回ご紹介する歌「」のねらいと内容を考えてみましょう。

>

赤い風船ルルル~「ふうせんのうた」ペープサート型紙配布中♪保育園や幼稚園で手軽にできるお楽しみ♪|かえる、ちょうちょ、さかな、わに、りんご、カニ等 | 男性保育士あつみ先生の保育日誌/おすすめ絵本と制作アイデア

もう片方には、色画用紙を貼りつけます。 ペープサートの楽しさ ペープサートはいわゆる、平面で行なわれる紙人形劇のことです。 6、ペープサートの作り方 一つあれば様々な場面で活躍してくれるペープサートを実際に作ってみましょう。 動画のように割りばしをくるくる回してクイズ形式にしても盛り上がるでしょう。 飛行する物体などを動かす際に活用できます。 数字という文字と、実際の数、数え方を多方面からの学習が可能ではないでしょうか。 ペープサートが使える場面 ペープサートは 園児の注目を集めたいとき、今までやっていたことと違うことをするとき(場面転換)に最適です。

>

赤い風船ルルル~「ふうせんのうた」ペープサート型紙配布中♪保育園や幼稚園で手軽にできるお楽しみ♪|かえる、ちょうちょ、さかな、わに、りんご、カニ等 | 男性保育士あつみ先生の保育日誌/おすすめ絵本と制作アイデア

自画像を描いた紙人形に名前や自己紹介をしゃべらせたり、 名前の頭文字をつかった言葉あそびをしたり……。 組み合わせる画用紙の色は 「黄色」を想定しています。 ペープサート以外にも、手遊びや絵本でも集中力は養えます。 担任として子どもたちを前にしたら「こちらを 向いてほしい」「クラスの集まりの時間を 楽しんでほしい」「 話を聞く態度を身に着けたい」などの思いが出てくるのは当然のこと。 子どもたちの自発性を養う 【自発性】はペープサートを子どもたちの目に入るような高さにぱっと見せることによって「これから何か始まるから静かにしよう」と子どもたちが心がけることで養われていきます。

>

保育で使える「ペープサート」のタネが103個(新着順)

ラミネート加工してありますので丈夫にできています。 ポイント 年長児クラスになっても絵を描くことが苦手な子どももいます。 6-2、割りばし、竹串、ストロー等を二枚の間に挟む イラストが描けたら二枚で一セットです。 登場人物が少ないお話や、表情の変化や動きが少ない内容ではペープサートの特徴が生かされませんので注意してください。 割りばしや竹ひごなどを画用紙の裏側に付け、2枚の画用紙ではさんで糊付けをする。

>

保育で使える「ペープサート」のタネが103個(新着順)

色鉛筆やカラーペン、クレヨンを使い、色を塗っていきます。 保育園内での会で歌ったときは半数以上の保育士さんが一緒に歌ってくれました。 こちらの絵本をペープサート用にアレンジしても良いかも知れませんね。 紙人形の動かし方 紙人形の基本的な持ち方は、親指、中指、人差し指を使って軽く持ちましょう。 シルエットクイズなどは動物の種類を増やせば、組み合わせて何度も活用できる作品になりますね! ご自分のレパートリーをどんどん増やして、子どもたちを楽しませてあげてくださいね!きっとそんな作品のひとつひとつが子どもたちの想像力を育ててくれるはずです。 子どもが見る出し物と子どもが参加する出し物に分けてまとめてあります。

>