大阪 府 障害 者 福祉 事業 団。 大阪府/福祉サービス第三者評価について

研修情報

・平成30年度障害者福祉サービス等報酬改定により、地域の中核的な役割を担う人材として新たに創設された主任相談支援専門員の受講要件となる「大阪府主任談支援専門員養成研修」を実施しますので、お知らせします。 新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策による変更点について ・令和2年8月3日から募集開始としておりました相談支援従事者現任研修(社会福祉法人 大阪府社会福祉事業団実施分)につきましては、令和2年8月24日から募集開始しましたのでお知らせします。 2 知的障がい者福祉に関すること 他室分掌のものを除く。 サービス管理責任者等研修(サービス管理責任者研修及び児童発達支援管理責任者研修)は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律及び児童福祉法の適切かつ円滑な運営に資するため、サービスの質の確保に必要な知識、技能を有するサービス管理責任者及び児童発達支援管理責任者の養成を図ることを目的としています。 このページの作成所属. 出先機関・府立施設• このページの作成所属. (1) 基幹相談支援センター又はそれに準ずる機能を有する相談支援事業所等において現に相談支援に関する指導的役割を担っていること。 指定管理者としての業務(東大阪市立障害児者支援センター条例及び条例施行規則に基づく業務) (1)児童発達支援センターとして行う障害児通所支援事業に関すること (2)生活介護、短期入所、自立訓練、就労移行支援事業及び就労定着支援事業に関すること (3)基幹相談支援センター事業に関すること (4)障害児相談支援事業及び特定相談支援事業に関すること (5)診療所として行う障害児及び障害者のための医療を提供する事業に関すること (6)障害児及び障害者の活動等のための施設の供与に関する事業に関すること (7)障害児者支援センターの維持管理及び財産管理に関すること (8)障害市者支援センターの利用の制限に関すること (9)会議室等の使用の許可及び使用の許可の取消等に関すること (10)会議室等の使用料の減免及び免除並びに還付に関すること (11)利用者負担額、利用料及び診療料金の徴収に関すること (12)その他市長が必要と認める事業に関すこと. 外部リンク• 2. 大阪府知事の指定を受けた研修事業者は以下のとおりです。 )において児童発達支援管理責任者として従事しようとする者であって、次に掲げる区分に応じ、通算して右欄に掲げる年数以上の実務経験を有するもの (研修受講に係る受講要件) 業務 実務経験年数 相談支援業務 3年 社会福祉主事任用資格等を有しない者による直接支援の業務 6年 社会福祉主事任用資格等を有する者による直接支援の業務 (社会福祉主事任用資格等の取得以前の期間を含めることができる。

>

大阪府/福祉サービス第三者評価について

ただし、同日以前にサービス管理責任者基礎研修の修了証書の交付を受けた方については、旧告示の規定は、なおその効力を有します。 障がい福祉等について対象者別・支援メニュー別に項目を掲載しております。 詳しくは、大阪府のホームページをご覧下さい。 研修募集開始のご案内につきましては、大阪府の指定を受けている障がい福祉サービス事業者等の法人本部宛ての郵送によるお知らせは行っていませんので、ご留意ください。 実践研修は令和3年度から開始予定です。

>

大阪府施設情報 じょぶライフだいせん(障害者支援施設)

相談支援従事者研修は、ケアマネジメントの基本姿勢及び地域の障がい者等の意向に基づく地域生活を実現するために、必要な保健、医療、福祉、就労、教育などのサービスの総合的かつ適切な利用支援等の援助技術の習得を目的とする研修です。 利用者に質の高いサービス提供ができるよう、専門性の向上と意欲に満ちた人材の育成に努めます。 更新研修の受講につきましては、定員の範囲内で以下に該当する方から優先的に受講決定させていただきます 分野ごとに複数回研修を受講している場合、初回の修了年度を対象とします 更新研修実施年度 優先受講対象者 令和元年度 平成18年度から23年度までのサビ管等研修修了者 令和2年度 平成24年度から27年度までのサビ管等研修修了者 令和3年度 平成28年度から29年度までのサビ管等研修修了者 令和4年度 平成30年度のサビ管等研修修了者 令和5年度 令和4年度までに更新研修の受講申込をしたが定員超過等で受講できなかった方 詳しくは、下記資料をご確認ください。 必ずホームページを確認し、受講申込み漏れのないようにご留意ください。 福祉サービス第三者評価とは 「福祉サービス第三者評価事業」は、事業者が事業運営における問題点を具体的に把握し、サービスの質の向上に結びつけることができるよう、当事者(事業者及び利用者)以外の公正・中立な第三者機関が専門的かつ客観的な立場から事業所の運営管理や提供するサービスを評価する事業です。 実務経験については、相談支援専門員として配置される時点で満たしておればよく、研修受講時に満たしている必要はありません。 なお、その場合は受講申込者の経歴等を考慮し、定員の範囲内で受講決定を行います。

>

障害者就業・生活支援センターのご案内|大阪労働局

必ずホームページを確認し、受講申込み漏れのないようにご留意ください。 評価機関、評価調査者に関する情報• 6 福祉のまちづくりに関すること 他室分掌のものを除く。 受講を希望する全ての方が期間内に受講していただけるよう、各事業所において、計画的に更新研修の申し込みをしていただきますよう、ご協力をお願いします。 はこちらから。 7 府立障がい者自立センター、府立砂川厚生福祉センター、障がい者自立相談支援センターに関すること。

>

大阪府/障がい福祉サービス指定事業者のページ

なお、サービス管理責任者及び児童発達支援管理責任者の要件及び実務経験については、下記「サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者の要件について」をご覧ください。 令和5年度の更新研修に受講希望者が集中した場合、更新研修を受講できない可能性があります。 大阪府では、平成24年度より、研修事業者を指定して、サービス管理責任者等研修を実施しています。 共生社会の実現のため、障がいの理解、交流と参加、地域福祉などについて研究と理解を深め、啓発に努めます。 平成24年4月から業務管理体制の整備とその届出が義務づけられました。 5 障がい者の就労支援に関すること 他室分掌のものを除く。

>

大阪府/相談支援従事者研修について

「事業の概要」 第一種社会福祉事業 障害児入所施設の経営、障害者支援施設の経営、特別養護老人ホームの経営 第二種社会福祉事業 障害福祉サービス事業の経営、一般相談支援事業の経営、特定相談支援事業の経営、移動支援事業の経営、老人短期入所事業の経営、障害児通所支援事業の経営、障害児相談支援事業の経営、地域活動支援センターの経営 公益を目的とする事業(社会福祉法第26条 規定) 大阪INA職業支援センターの事業、障害者就業・生活支援センター事業、日中一時支援事業 現在特に力を入れていること 相互に人格と個性を尊重し、安心して暮らすことができる福祉社会を実現できるよう、 自己決定、自己選択による利用者本位のサービス提供を基本に、ライフステージに応じ、わたしらしく生きる自立生活を支援します。 なお、本研修の申込にあたっては、実務経験の有無は問いません。 指定有効期限が満了となる事業所は、提出書類や締切などにはご注意ください。 、 、、、はこちらから。 ・ PDFが開きます ・ PDFが開きます *他府県の方のお申込について* 申込受付は行っておりますが、「大阪府サービス管理責任者等研修事業者実施要領」に基づき、先に大阪府内の事業所に配置予定の受講申込者を選考し、定員に余裕があれば他府県の事業所に配置予定の受講申込者を選考します。 やむを得ない場合は複数名の推薦も可とします。 一般企業で働きたい障害のある方等や障害のある方の雇用に取り組んでいる、これから取り組みたい企業の皆様への相談・支援を行っています。

>