石鳥谷 おっ ち も。 石鳥谷町

石鳥谷町

外部リンク [ ]• そして、地域の方々に信頼され、お互いが頼り頼られる関係を築くため、新規事業の検討や様々な地域貢献事業を実施しています。 経営理念を基本に、全ての人々が幸せを感じられる社会の構築を目指しています。 歴代石鳥谷町長 昭和の合併以前 代 氏名 就任 退任 備考 1 柳原一郎 昭和3年(1928年)4月1日 昭和4年(1929年)7月15日 村長より留任 2 藤原脩二 昭和4年(1929年)7月22日 昭和8年(1933年)7月21日 3 八重樫寅蔵 昭和8年(1933年)8月9日 昭和10年(1935年)3月9日 4 関庄三郎 昭和10年(1935年)3月10日 昭和16年(1941年)1月22日 5 藤原脩二 昭和16年(1941年)1月10日 昭和17年(1942年)5月15日 再任 6 玉山景三 昭和17年(1942年)9月15日 昭和21年(1946年)11月22日 7 藤原文三 昭和22年(1947年)4月6日 昭和30年(1955年)3月31日 昭和の合併以後 初代 - 大森新陸 姉妹都市 [ ] 海外 [ ]• 61年()10月8日、姉妹都市提携 交通 [ ] 鉄道 [ ]• このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 。 (JR東日本)• 郷土の作家、さいとう・たかを先生の作品を所蔵しています。 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 3 岩手県』角川書店、1985年。 産直食堂 おっちも 関連ランキング:定食・食堂 花巻空港駅(JR)、石鳥谷駅. 特に日本酒については町内の歴史民俗資料館・南部杜氏伝承館で伝統的な酒造技術の資料を展示し、「南部の里」としてアピールしていた。

>

石鳥谷町

イベント情報• 現在ののうち石鳥谷町を冠する各大字にあたる。 石鳥谷図書館移動図書館ぽらーの号運行表• 「亀ケ森写真同好会フォトうすゆき展」を開催します。 石鳥谷会はご利用者をはじめとする、地域住民の福祉向上のために日々努力しています。 社会福祉法人石鳥谷会は、特別養護老人ホームいしどりや荘を中心に、いしどりや荘(短期入所生活介護)、いしどりや荘デイサービスセンター、いしどりや荘指定居宅介護支援事業所、グループホームいしどりや荘、認知症対応型いしどりや荘デイサービスセンターを経営しおります。 石鳥谷の匠展第36回は、花巻市地域おこし協力隊の瀬川達矢さんです。 周辺地図• 特産品は・・など。

>

遊民

「冬休みにオススメする本」がテーマの図書展です。 関連項目 [ ]• 歴代好地村長 代 氏名 就任 退任 備考 1 後藤直助 不詳 不詳 2 淵沢節郎 不詳 不詳 3 板垣馬之丈 明治38年(1905年)8月23日 明治42年(1909年)8月17日 4 高橋久治 明治42年(1909年)8月18日 大正10年(1921年)3月31日 5 佐々木賢蔵 大正10年(1921年)7月9日 大正14年(1925年)7月8日 6 柳原一郎 大正14年(1925年)7月16日 昭和3年(1928年)3月31日• 石鳥谷書道会による「書作展」を開催します。 一般県道• ( )• 18年()1月1日 - およびと共に花巻市と合併し、新制の の一部となる。 昭和30年()4月1日 - ・・と合併し、新制の 石鳥谷町が発足。 行政 [ ]• 臼澤久子さんによる作品展「人との出逢いを大切に」を開催します。 年間、花巻と郡山の間に人家がなく往来に不便であったため、町屋を建てたのが創始である。

>

石鳥谷町

参考文献 [ ]• 関連文献 [ ]• : 道路 [ ]• 「クリスマス&お正月」がテーマの図書展です。 3年()10月1日 - 町制施行し、 石鳥谷町となる。 おはなし会と映画の上映を行います。 総人口 15,951人 (、2005年12月31日) 隣接自治体 :、:、:、:、 町の木 町の花 町の鳥 石鳥谷町役場 所在地 〒028-3163 岩手県稗貫郡石鳥谷町八幡第4地割161番地 座標 石鳥谷町(いしどりやちょう)は、17年()までにあった町。 石鳥谷図書館 電話番号:0198-45-6882 ファクス:0198-29-4006 石鳥谷図書館の行事予定• 「土曜わくわくタイム」は毎週土曜日午後2時から開催しています。

>

遊民

より質の高い介護サービスを提供するために、役員の業務担当制、ISO9001の認証取得、目標管理型人事考課制度の導入、個人面談制度、QCサークル活動、介護力向上の取り組み、職員提案制度、職員満足度調査などに取り組んでいます。 最後の町長:高橋公男(たかはし きみお)2月22日就任。 ページ番号1008405 石鳥谷図書館から、開催イベント情報などお知らせします。 」がテーマの図書展です。 22年()4月1日 - 町村制施行にともない、好地村・大瀬川村・松林寺村・大興寺村・北寺林村・富沢村・長谷堂村の計7か村が合併して新制の 好地村(こうちむら)が発足。 「たくさんあります文学賞!」がテーマの図書展です。

>

遊民

「心も身体もあたたかく。 沿革 [ ]• 大森勝雄「地方自治体 石鳥谷町 と南部杜氏」『日本醸造協会誌』第87巻第6号、日本醸造協会、1992年、 402-408頁、 :。 。 。 。

>