早急 読み方。 【至急】と【早急】と【緊急】の意味の違いと使い方の例文

早急の読み方と意味、「そうきゅう」と「さっきゅう」正しいのは?

この度は素敵な品を贈ってくださり、誠にありがとうございます。 「早速」でも失礼とはなりませんが、より丁寧さを込めたい時、およびそうするべき状況においては「迅速」を用いた方が良いと言われています。 至急お返事ください。 「早急」と 「迅速」の違いを、分かりやすく解説します。 しかし、その正しい読み方となると、意外に知られていないのが実情です。 なお「貼付」については「ちょうふ」と読んだ人がおらず、「はりつけ(11人)」、「てんぷ(9人)」という結果になった。

>

「早急」の読み方、「そうきゅう」「さっきゅう」正しいのは? 意味も解説

その件に関しては、至急ご返事をお願いします。 「迅速」は目上の相手に対しても使うことができる言葉です。 こちらの方で確認ができ次第、早急にご連絡いたします。 「早急なご対応をお願いします」「早急に資料をお送りください」のように使われます。 緊急の使い方 緊急を使った分かりやすい例としては、「緊急時のために子供にもスマホを持たせている」「万が一の緊急事態に備えて数日間の食料を倉庫に入れている」「忙しいところ悪いがこの作業を緊急でやってほしい」などがあります。 「早速」の読み方は? 「そうそく」の読み方も「さっそく」と同じく音読みで、意味としても「さっそく」と同様です。

>

重複を「じゅうふく」と読んだら間違い?みんなが怪しい読み方10選|OTONA SALONE[オトナサローネ]

名詞あるいは形容動詞として使う場合は「早速だが」や「早速のお返事」といった使い方をします。 「早急に」の意味は「非常に急ぐこと」「極めて差し迫っているさま」 「早急」は 「さっきゅう」あるいは 「そうきゅう」と読みます。 ビジネスシーンでも用いることがある「早速」の使い方について紹介していきますが、まずは意味についてを詳しくお伝えします。 結論から言ってしまうと、 早急の本来の読み方は「さっきゅう」でしたが、 いま現在では「そうきゅう」と「さっきゅう」のどちらでも問題はありません。 「緊急避難」の意味 一つ目の「緊急避難」とは、自分の身に迫る危険などを避けるためのやむを得ない行為で他に害が生じた場合罪に問われないことを指します。

>

「早速」の読み方と意味、敬語での使い方、例文、類語、英語表現

Contents• そのため『早急』を『そうきゅう』と読み間違えてそれが広まったと考えられています。 また、そうしたさまについても言います。 意外にも「そうきゅう」派が多かった! 私の周りで友人・知人、家族に「早急」をどう読んでいるかアンケートをとったところ、5人中4人が「そうきゅう」と読んでいました! 世間ではなんと70%の人が本来は誤読である「そうきゅう」と読んでいるそうです。 「早急」は「さっきゅう」から「そうきゅう」へと、刻々と変化しつつあるのかもしれませんね。 「至急」「早急」「緊急」の意味と違いとは 何かを急いでほしいという気持ちを表す際によく使われるのが、「至急」「早急」「緊急」の3語です。 一例ではあるが、「早急(さっきゅう・そうきゅう)」、「施術(せじゅつ・しじゅつ)」、「貼付(ちょうふ・てんぷ)」といったものがそうだ。

>

「御用達」は「ごようたし」か「ごようたつ」か 「早急」に「貼付」はどう読む?: J

ただし「そうきゅう」と読む人が増えたことから、現在では「そうきゅう」と読んでも間違いではないとされています。 「至急」と言い換えることもできます。 -- 前: 次:. 入社早々(そうそう)に海外研修の話が舞い込んできた。 「早急」は「そうきゅう」と読もうが「さっきゅう」と読もうがどちらでもいいのです。 「さっそく」や「そうそく」では「速いこと」や「すぐに」といったように「時間的な速さ」を表す意味が多い印象的でしたが、「さそく」では「動きの速さ」を表す意味となっています。 「早急」を「そうきゅう」と読むのは、比較的新しい読み方です。

>

「至急」「早急」「緊急」の意味と違い

例文 この製品は汎用的に用いることができます。 「至急報」の意味 一つ目の「至急報」とは、警察無線の一種で、特に急を要し普通通話を中断してでも緊急の呼び出しをしなければならない時に使う無線を指し、「至急通話」とも呼ばれます。 「取り急ぎ」は「急な事態が発生したため急ぐ」という意味合いになります。 WindowsのIMEでも同じく、「さっきゅう」と入力しても、「そうきゅう」と入力しても、正しく「早急」と変換されます。 「至急」とは 「至急」とは、「非常に急ぐこと」という意味の言葉です。 「正しい・正しくない」という言い方は適切ではありませんが、 「サッキュウ」が標準的です。 「至急」は、「大急ぎで」というニュアンスが含まれるので、急を要して相手に依頼する場合に使うことがほとんどです。

>

早急の読み方はさっきゅうとそうきゅうのどちらが正しいでしょうか...

この漢字が国語審議会で削除になったため「順守」を代用しますが、言いつけを守るというより、そのものの考えなどに感服して従うような場合に「遵」の字を用います。 最近、こちらも読み間違いの方が多くなってきました。 間違った読み「そうきゅう」 原因 おそらくですが「さっ」と読むと早いイメージだからでしょうか。 ちなみに、テレビ業界ではNHKだけが時代に則り「そうきゅう」と読むと決めたそうです。 法令などはこちらの漢字になりますので、読み方には気をつけましょう。 「速やかに下校を〜」だったり「速やかに避難してください」なんて聞いたことがあると思います。 早急の類語 早急の類語・類義語としては、差し迫って大切なことを意味する「緊切」(読み方:きんせつ)、火がついたように差し迫った状態にあることを意味する「火急」(読み方:かきゅう)、物事の進み方が急であることを意味する「性急」などがあります。

>