厚生 労働省 ライン コロナ。 新型コロナウイルス感染症対策(こころのケア)|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

LINEが新型コロナウイルスの情報を提供する「厚労省公式アカウント」開設

一方で「人間関係について不安を感じている」、「毎日のように、ほとんど 1 日中ずっと憂うつであったり沈んだ気持ちでいる」などの設問に「はい」と回答した割合は、学生が一番高かった• 最初の回答次第で6問か、あるいは10問全てに答えて送信すると完了。 みんなもう答えたかな? 何の話って、 LINEに来てる厚生労働省からの第1回「新型コロナ対策のための全国調査」のこと。 厚生労働省は、民間企業等とも連携しつつ、引き続き、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に努めてまいります。 健康被害救済制度は、接種に係る過失の有無にかかわらず、予防接種と健康被害との因果関係が認定された方を迅速に救済するものです。 ご協力、誠にありがとうございました。 2em;background: 5fb3f5;padding:4px;text-align:center;color: FFF;font-weight:bold;letter-spacing:. LINEアプリ等による健康フォローアップの実施方法の概要は以下の通りです。 接種を受ける具体的な方法等が決定しましたら、お知らせします。

>

◆新型コロナ:厚生労働省◆感染症情報 LINE公式アカウント:QRコード

調査結果に関するご案内 調査へのご協力、誠にありがとうございます。 職業・職種の6グループ グループ(1) 現状の業務体制では3密回避や社会的距離の確保が難しいと思われる職業・職種 (例:比較的長時間の接客を伴う飲食店を含む対人サービス業、外回りをする営業職など) グループ(2) 業務の中で3密が発生し、社会的距離の確保も困難だが、個人として感染症対策についての専門的知識を有する対人援助職 (例:医療職、介護職) グループ(3) 3密回避や社会的距離対策の一定の導入が進んでいる職業・職種(例:内勤営業(オフィスワーク中心)、流通・物流業システム(卸・小売り、運送業等)など) グループ(4) 通常3密、社会的距離の確保が難しい環境下だが、休校措置などで一定期間対策はなされている (例:教職員、学生・生徒) グループ(5) 自粛条件下で、個人での3密回避や社会的距離対策が比較的容易 (例:専業主ふなど) グループ(6) その他 (上記以外) 結果1 調査の結果から、3密回避や社会的距離の確保が難しいと思われる職業・職種(グループ(1))において、他グループと比較し、発熱者(37. 利用者が入力した問い合わせに対して、AIチャットボットが応答。 なお、 回答してもLINE上には質問が表示されたままだ。 調査データは新型コロナウイルス感染状況の把握や感染拡大防止のための有効な対策検討に活用いただくために、8月14日に、厚生労働省に提供いたしました。 今日の日本の状況下においては、「家にいること」、「不要不急の外出を避けること」が、新型コロナウイルスの感染リスクを低減し、他者に感染を広げない最善の行動様式である• 接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害が、極めて稀ではあるものの不可避的に発生するため、健康被害救済制度が設けられています。 5度以上)の割合を示すもので、あくまで新型コロナウイルスの感染状況の一つの間接指標であり、絶対的な指標ではありません。 グループ(5)(専業主ふなど)は、他のグループと比較して、全国的に低い発熱率でした。

>

LINE、2,467万人が回答した第2回「新型コロナ対策のための全国調査」の全回答データを厚生労働省に提供 第3回は4月12日より実施予定|LINE株式会社のプレスリリース

第1回-4回 調査結果 厚生労働省から発表されている結果、および実施状況については、下記よりご確認ください。 3s ease;-o-transition:opacity. 3密回避や、社会的距離を保てない状態で人と会う機会が多い働き方の人においては、特に感染リスクが高まる可能性がある• 第2回の有効回答者数は第1回調査時の有効回答者24,539,124人 回答率29. 厚生労働省においては、3月30日にLINE株式会社と「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供に関する協定」を締結し、この協定に基づく情報提供に資するため、LINE株式会社の公式アカウントにおいて、サービス登録者に対して第1回「新型コロナ対策のための全国調査」を3月31日~4月1日に実施しました。 アンケートの参加方法はこちらをご確認ください。 important;opacity:0;-webkit-transition:opacity. 5度以上の発熱が4日間以上;グループの定義は本文参照 <緊急事態宣言に伴い求められる対応>• 未曾有のパンデミックによる影響を食い止めるために、有益な情報が集まることを願いたい。 有効回答者数:24,539,124人 回答率29. 現在、新型コロナウイルス感染症のワクチンについては、早期の実用化を目指し、国内・海外で多数の研究が精力的に行われています。 なお、現在の救済制度の内容については、をご参照ください。 その上で、 「ネット上では真偽の不確かなデマなど広まる時がある。

>

厚生労働省・消費者庁と合同で、新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について取りまとめました (METI/経済産業省)

・動作可能なOSバージョンは、iPhone端末ではiOS 13. 4月10日(金)より、各検疫所において、順次、同意書の配布を開始しており、同意された方には、4月14日(火)より、LINEアプリ等による健康フォローアップを開始することができる予定です。 (ただし、日本国内で販売されている一部機種ではご利用いただけません。 ) ・本アプリは日本国内での利用を想定しています。 このように短期間で複数回の調査協力をお願いする意図は、日々新型コロナウイルス感染者数が増加している中で、皆さまの健康状態を継続的にお聞きすることにより、その変化を把握するためです。 例えばマスクや防具服などの優先的な供給、体調不良時に休みやすい環境整備、労働衛生教育や作業環境の管理、公的資金からの特別手当なども考慮されるべき事項だと考えます。

>

厚生労働省・消費者庁と合同で、新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について取りまとめました (METI/経済産業省)

遠くに住む家族と、LINEのビデオ通話を使って「オンライン帰省」をしてみませんか? LINEでできる、コロナウイルス対策 新型コロナウイルスによる皆さまの生活のなかの不便を解消できるように、LINEでも様々な施策をしています。 現在開発されている新型コロナウイルス感染症のワクチンには複数の種類があり、それぞれのワクチンごとに、必要な接種回数の検討が行われています。 本調査は、多様な働き方やライフスタイルを持つ全ての方々のいのちを守り、感染を広げないための検討を行うものです。 LINEは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、引き続き、厚生労働省に協力してまいります。 19 * 回答者における全国の職業・職種分布で補正;発熱者=37. 各調査の結果について下記の通りお知らせします。 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を行う場合にも、同様の被害救済を行うことについて検討しています。 「新型コロナウイルス感染症情報 厚生労働省」LINE公式アカウントの画面。

>

LINE、2,467万人が回答した第2回「新型コロナ対策のための全国調査」の全回答データを厚生労働省に提供 第3回は4月12日より実施予定|LINE株式会社のプレスリリース

「これ本物?」「個人情報抜き取られて死ぬやつじゃないの?」とか怪しみたくなることもあるだろう。 製品の選び方及び使い方のポイントをまとめたポスター()を作成しましたので、御活用ください。 「普段通り」と答えれば、飛んだ先の最初の質問は「新型コロナの感染予防のために、していることを全てお選びください」となり…… それ以外を選ぶと、「今の不調の内容をもう少し詳しくお聞きします」となる。 eラーニングで学ぶ「15分でわかるはじめての交流分析」 在宅勤務などによって、上司・同僚との関係性や、家族とのコミュニケーションのあり方が変わった方もいると思います。 何にせよ正直に回答しておく方が良いだろう。 そういうときに正しい情報を、取りたい時に取りにいける場所として、LINEの公式アカウントを利用してもらえるとありがたい」と、取り組みの意図を語った。

>

新型コロナウイルス感染症のワクチン|厚生労働省

そうした方におすすめの「こころの耳」のコンテンツをご紹介します。 「界面活性剤」の使い方について()• 既存の予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。 実際にどのように接種を受けて頂くかについては、決まり次第、お知らせいたします。 LINEでは、新型コロナウイルスの流行に伴い、スマホ専用のリサーチプラットフォーム「」で全国の15歳〜69歳のを対象に新型コロナウイルスに関する調査を実施(男女5233名)。 なお、中間結果や結果の概要が公表された段階であり、有効性や安全性に関する結果の詳細については、今後、更なる情報が明らかになるのを待つ必要があります。 第4回調査で「身体・健康について心配している」に「はい」と回答したのは全体の26. 提供:LINE LINEは2月7日、新型コロナウイルスの感染状況や予防法などの情報を提供するため、厚労省の公式アカウント「新型コロナウイルス感染症情報」を開設したと。

>

第1回「新型コロナ対策のための全国調査」の結果及び第3回「新型コロナ対策のための全国調査」の実施のお知らせ

。 結果2 現在最も新型コロナウイルス感染症者数の多い東京都において、最も発熱者数の多かった地区(上位20郵便番号区を抽出)のみの分析でも、結果1と同様の傾向が認められました(表2)。 実際に流通や医療の現場が対応できるよう、引き続き、準備を進めていきます。 発熱者の回答者における割合は第1〜3回にかけて上昇していたが、第4回で減少傾向が見られた• 農林水産省は北海道、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、兵庫の10の都道府県で27日までにプレミアム付き食事券の新たな販売の一時停止を始めたか、今後停止することを決めたと公表しました。 LINE株式会社が、自社SNSサービス「LINE」の国内ユーザーを対象として、「新型コロナ対策のための全国調査」を実施する。 ・ 経済産業省 Go To 商店街 商店街が行うイベントなどを支援する「Go To商店街」の第1弾が、10月19日から順次開始。

>