ブラック ナイト 衛星。 13000年前に宇宙人によって造られた⁉謎の衛星『ブラックナイト』の正体とは⁉

太古から地球を回る謎の衛生ブラックナイトの存在はもうすぐ明かされる!?

彼はいつものように天体望遠鏡で月を観測していた時、奇妙な黒い物体が横切っているのを偶然目撃したという。 しかしルナンは少なくとも地球を周回する衛星については言及しておらず、探査機の位置は月と地球のトロヤ点だとする。 確かに他の記事も多くはややオカルト的な感じで「天文・宇宙系」という視点で書かれている文章があまりない印象です。 。 その後、1920年にもアマチュア無線愛好家が同様の信号を受信したといいます。 その 異様なまでの質量がわかるかと思います。 だが… 謎の衛星についての報道がなされた6年後の1960年、なんと本当に 地球の周りを回っている謎の物体が観測されることとなる。

>

ブラックナイト衛星の正体や現在の場所は?その意外過ぎる真実を紹介!!

船外活動ではザーリャとユニティ間に電力・通信ケーブルを接続したり、断熱ブランケットを取り外す作業があります。 衛星ならば、宇宙空間を周回しているはずですが、グロックナー氏は「ブラックナイトは、自らの意思で移動することも可能なのだ」と主張しています。 それは、ある考えに民衆を徐々に慣れさせていくためのプロセスの1つなのだ。 それを公表するタイミングですが、いきなり知らせるとパニックを起こす事もありうると言う事でこの手の情報を敢えて小出し小出しにしていると聞いた事があります。 あれが今、謎の衛星ってことで世界中で話題になってるんだ。

>

1万3000年前から北極上空を飛ぶブラック・ナイト・サテライト│未確認生物と世界の謎chahoo

パッと思いつくのは 「E. オーストラリア・カーティン大学のスティーブン・ティンゲイ教授たちの研究チームがわずかな望みを賭けて電波の目を向けたのだ。 Classic "Flying Saucer" Captured Passing The Moon By Amateur Astronomer. というわけで、今回はこの辺でおしまい! それではまたー!!. 「謎の衛星は宇宙人が作ったのか?」 「ソ連が秘密裏に打ち上げたのでは?」 当時のアメリカはこの謎の衛星で大いに盛り上がったが、結局のところ、そんな奇妙な衛星を発見することはできなかった。 ブランケットは戻ってくることはなく、次のミッションでやり直すことになりました。 最有力説?:宇宙飛行士が捨てた耐熱ブランケット?「但し…」 この記事の最上部でご紹介したNASAのSTS0088のミッションの際の写真がブラックナイト衛星として有名ですが、こちらは船外活動の際に使用する耐熱ブランケットであるという説も有力です。 眼鏡をかけた女性への「眼鏡萌え」や、眼鏡の似合う「眼鏡男子」が人気といった話をよく聞きます。

>

結局のところ、ブラックナイト衛星とは何ですか?・13,000前から存在すると...

あるいは、元CIAパイロットでUFO研究家のジョン・リア氏が、月には30億人が居住し、巨大な都市まであると語っていたことから、今回の物体も彼らが作った宇宙船なのかもしれない。 596• また、騎士たちは騎士団を辞める時、その 記載を黒く塗りつぶしたとされます。 物体はかなり特異な軌道を持ち、が1728キロメートル、はわずか216キロメートルであるとしている。 そこで、オーストラリア西部にある低周波電波望遠鏡「マーチソン・ワイドフィールド・アレイ(Murchison Widefield Array/MWA)」を使ってこの低周波について調査を行った。 1973年スコットランドの天文学者ダンカン・ルナンは1920年代に検出された異常な電波信号の記録を解析しました。 同じように、当時のアマチュア無線家の方で発信の解読に成功した人が居たらしく、それによるとやはり1万3000年前に地球から エプシロン・ボーティス星系に向けて発信していた電波と言う事が判明しています。

>

ブラックナイト衛星とは何なのか?正体についての考察

(引用:Wikipedia) とあります。 これが引用され「ブラックナイト衛星は地球外生命に由来し、13,000年にわたって地球を周回している」という説の根拠とされている。 当ブログの記事をお読み頂きありがとうございます。 2018. 船外活動で落とした耐熱ブランケットを船内から観察しているシーンが映っています! 2つの動画の物体のスピードが違うのは、地球からの距離がそれぞれ違うからといいます。 また、ロシアの投資家氏もオウムアムアに興味をひかれたひとりである。 地球外生命体によって設置されたらしい• エプシロン・ボーティスと呼ばれるこの大昔の星系に向けて焦点が合っていたとされていますが、果たして1万3000年前に誰がどう言った理由でこの人工衛星を打ち上げたのでしょうか。

>

これが噂の「ブラックナイト衛星」なのか?月を横切る謎の黒い物体が撮影される (2018年10月22日)

08 皆さん、我々人類を導く何者かの存在を感じたことはありませんか? 総理大臣や大統領、国王などの国のリー […][…]. それが「 ブラックナイト衛星」だ。 正直なところ、この大騒動の当事者としてどう思っているんだい?」 ジェリー・ロス「 …申し訳ないことをした」 まったく、なんてデリカシーのないことを聞くんだい、オバーグさん。 そう、宇宙人はいるという考えにだ。 サイズ:A3 プリント:オフセット印刷 梱包:フィルムに入れ筒ケースにて発送いたします。 ブラックナイト衛星とは? ブラックナイト衛星は、地球の赤道上空を飛行している謎の物体です。

>

月を周回する黒いUFOを天体望遠鏡が激撮! 宇宙人が作った「ブラックナイト衛星」の可能性

番組では断熱ブランケットが外れて宇宙空間に流されていく映像も紹介された。 観測されていないってことは、もともとそんなものは存在しなかったってわけだ。 スポンサーリンク スペースデブリ説:宇宙船の一部やゴミが浮遊? スペースデブリとは、端的にいえば宇宙のゴミです。 1960年タイム誌は、海軍が地球の周りの軌道上を未確認物体が通過するのを探知したという記事を発表する。 また、宇宙での捜索をするにしても、ご存知の通り、 スペースシャトルの発射費用は莫大な金額になります。

>

謎の衛星ブラックナイト(黒騎士)は宇宙ゴミなのか

1万3,000年前から地球の周りを周回しているという「ブラック・ナイト 黒い騎士 」と名づけられたこの衛星、NASAもその存在を確認しているが誰が何の目的で打ち上げたのか、すべてが謎の衛星なのである。 896• James Oberg 2014年10月21日. その作業中、宇宙服に固定されていたはずのブランケットが外れ、流されてしまったんです。 いずれにしても、その物体が かなりの大きさでなければアマチュアの望遠鏡では確認が難しいのでは、と考察しております。 ブラック・ナイト・サテライトの正体は? 個人的に思うのは、あながち1万3000年前の謎の遺物と言うのは本当の事なのかもしれませんね。 とまあ、こんな感じで存在する確たる証拠はない、というのが実際のところだそうです。 1万3千年前の日本は、まだ縄文時代でした。

>