拡散 的 思考。 「収束的思考」と「拡散的思考」を使い分けることで、思考力を鍛える。

創造性を駆動する「拡散的思考」と夢、代償としての異常体験

そこではたと、ギルフォードは創造性や独創性というものに気づき、以来、その研究に没頭しました。 効率を重視しすぎると、味わいが抜け落ちるリスクがあります。 創造性は結局、脳構造という「才能」なのか ビッグファイブ理論が教えてくれた残念なお知らせは、「創造性が才能である」という言説がどうやら正しそうだということである。 その方法の一つが拡散思考と収束思考の組み合わせです。 官僚型タイプですね。 あれこそ拡散型です。 洞察とは、問題解決という目的に沿って、過去経験などをもとにその場の状況を再認識し、解決の見通しを立てることです。

>

創造性を駆動する「拡散的思考」と夢、代償としての異常体験

今回の話の最初に、 「なぜ、東大に入れてもノーベル賞が取れないのか?」 「東大よりも京大のほうがノーベル賞を取れるなんて話があるけど どうしてなのか?」 「地方大学出でもノーベル賞を取る人が現れるのはなぜなのか?」 と書きましたが、 もう答えはお分かりですよね? 「なぜ、東大に入れてもノーベル賞が取れないのか?」 それは、 一般に大学入試で測られるのは、その人の収束的思考力だからです。 コンサル業としては、いろんな観点から質問を投げかけたり、考え方をご提案することで発想の広がりをお手伝いします。 2 ;-webkit-box-shadow:0 2px 0 rgba 255,255,255,. 完璧主義のタイプ1を筆頭にガッツセンター全般が、収束的思考に入ると思います。 その時代の競争の源となるのは「創造力」だ。 創造的半分は拡散的思考、つまり、誤解をおそれず脱出しようとするエネルギーによって生み出される思考である。 それは、創造性の証(あかし)かも知れません。 拡散的思考 拡散的思考は情報を元に様々な方向に考えを巡らせ、まだ存在しない新しいアイディアを生み出す思考方法です。

>

歩くことで拡散的思考が約60%高まったという研究結果

あるいは、 「一般的な事を考えるのを辞める」 「前例についてはもう考えるのを辞める」 「3分以内に必ず一つはネーミングを出す」 「小学生に分かるように説明を工夫する」 などと決めてみるのです。 それはズバリ「拡散的思考」である。 そしてそのことの繰り返しで解決策にたどり着くことが出来ます。 拡散思考が得意な人は物事の関連づけがうまい人で、謎掛けを作る、IQテストやなぞなぞを解く、などの発想力が求められることを行うのが得意です。 4.正答です。

>

「収束的思考」と「拡散的思考」を使い分けることで、思考力を鍛える。

創造的思考とは何か?を考えるうえで、わかりやすい例として、ポストイット(付箋)が生まれたのは創造的な思考があったからこそだということを見てみましょう。 第I因子は「知能」因子, 第II因子は「言語一非言語」因子, 第II因子は「拡散的思考」因子と解釈された。 もちろん羽生さんのように天才的に 思いつく訳ではないですが、 複数のアイデアが思いついても それを全て使うのではなく、 厳選して捨てるのです。 官僚型タイプですね。 Summary Note 抗鬱剤はなぜ創造性を失わせるのか パーソナリティ特性理論に目を向けてみる 芸術家の4つの特徴と「異常体験」 創造性を高めることはできるのか 抗鬱剤はなぜ創造性を失わせるのか きっかけはある作家さんのツイートだ。

>

子育て情報:今、大事にしたい「拡散思考」|学研 おやこCAN

がまったく示されていないか不十分です。 創造的思考を持った人は、物事を深く考えることのできる人が多いです。 これは、自分が体験した事象が正しいかどうかを客観的に判断する機能である。 思考には収束的思考と拡散的思考があり、 収束的思考の人は生産性重視、考えを整理し、分かりやすく伝えるのが上手く、「明確化」「実行」「実現」を語ります。 将来なりたい仕事ランキングの上位に必ず入るのが、クリエイティブな仕事、創造的な仕事である。 そしてインターネットは我々に白昼夢を見せる装置であり、すでに「拡散的思考」のツールとして機能していて、これが「創造性」が鍵になる「Co-Design」の時代、「技術の時代」を実現する可能性もある。 拡散思考思考では、アイデアはたくさん出てきますが、それらは自由な発想から生まれたものなので実行の可能性や論理的な裏付けがありません。

>

子育て情報:今、大事にしたい「拡散思考」|学研 おやこCAN

我々の人生は、それよりも圧倒的に「弱い状況」から構成される。 ・一方、実務能力が高くクレバーな「収束型」の社長は、画期的なアイデアが出ない自分に若干コンプレックスがありつつ、創造性のある「拡散型」の人材と組む。 そのような考え方をきちんと普段から行っていることで、今回問題が解決できただけではなく、次に別の問題が起きた時にも、前の問題が起きた時に、他の解決方法として頭の中で考えていた方法が良いのではないのかと考えることが出来ます。 答のない問題 答えの無い問題を収斂能力だけで解決するのは難しい。 一般的に否定的に見られるものが拡散的思考と関連付くこと。

>