ジャスパー マスケ リン。 伝説のマジシャン「ジャスパー・マスケリン」/怖い話投稿サイト 怖話(こわばな)

【WW2】 マスケリンのイリュージョン作戦

彼はテムズ川で鏡と模型を使ってドイツ軍艦のを作ってみせ、当初は懐疑的だった士官を納得させた。 オーストラリアの奇術雑誌「Geniis Magic Journal」に1993年から1995年にかけて掲載された21回に及ぶシリーズ記事において、ストークスは多くの時系列的な間違いや実証されていない出来事を指摘し、戦時中のマスケリンの手柄は架空のものが多く、とくにゴーストライターによって書かれた『Magic: Top Secret』からの影響が大きいと結論付けている。 北には千台もの戦車がトラックに偽装されていた。 偽の線路、偽の無線会話、偽の建築音まで偽装された。 具体的には1856年に「ペルシャ軍のアフガニスタン・ヘラート侵攻」は起こりました。 反転攻勢をするべく、イギリス軍は大規模な陽動作戦を計画。 第二次大戦における功績 [編集 ] 自伝書『Magic: Top Secret』およびデビッド・フィッシャーの『The War Magician』によると軍におけるマスケリンの経歴は以下の通りである。

>

ジャスパー・マスケリンとは

Axis爆撃機から隠すため、アレキサンドリア港を移動させたり、 エジプトのエルアラメインの戦いで、1000台の戦車をドイツ軍に悟られずに移動し幻の大軍を創り出したり、 その極めつけがスエズ運河への大規模空爆から防衛、武器もなしに敵を殲滅させた・・・。 ヘラートは中央アジアへの入り口で戦略的に重要な拠点だったようです。 これはドイツ軍のに連合軍が南から攻撃してくると思わせるためのもので、実際にはイギリス軍のは北からの攻撃を計画していた。 彼の最大の手品はアレクサンドリアのスエズ運河を隠蔽してドイツ軍の爆撃機の方向を誤らせたことでした。 これはドイツ軍のロンメル将軍に連合軍が南から攻撃してくると思わせるためのもので、実際にはイギリス軍のモントゴメリー大将は北からの攻撃を計画していました。 彼はアレクサンドリアから3マイル離れた湾に夜明かり、建物、灯台、高射砲隊といったものの模型を作った。

>

[B! 歴史] ジャスパー・マスケリン

これはをもじったチャリティー団体で、1926年から1931年にかけて活動していた。 このマジックギャングの活躍によって歴史は動かされるわけです。 マスケリンの功績はイギリス軍の最高機密として決まった1946年から100年の間封印され、 2046年に公開予定らしいです。 「スエズ運河を隠蔽せよ」というもの。 1941年1月、大将は欺瞞と防諜を目的とした部隊「Aフォース」を設立した。

>

ジャスパー・マスケリン

マスケリンはA-Force、通称マジックギャングと呼ばれる工兵部隊を組織し、エジプトに赴くことになりました。 ジャスパー・マスケリンは、このようにマジックの技法を用いて戦争を戦い抜きました。 1930年代から1940年代にかけて活躍した。 随分前に、「奇跡体験! これはドイツ軍のに連合軍が南から攻撃してくると思わせるためのもので、実際にはイギリス軍のは北からの攻撃を計画していた。 第二次世界大戦での業績について。

>

ジャスパー・マスケリンとは

その死に関してガーディアン紙は2002年6月28日の記事で率直にコメントしている。 実のところ、彼の名前や功績が正式に発表されたことはなかったそうです。 北には千台もの戦車がトラックに偽装され、南にはマジックギャングによって二千台の戦車の偽物が置かれていました。 西はリビアから、北はバルカン半島から枢軸国軍がエジプトを掌握しようと狙いを定めている。 この作戦ののちマジックギャングは解散し、はマスケリンの成果を褒め称えたが、マスケリン自身が望んだほどには評価されなかった。 実際にドイツ軍は完璧に騙され、8日間もの間、ニセモノのアクレサンドリアを夜襲したそうです。

>

伝説のマジシャン「ジャスパー・マスケリン」/怖い話投稿サイト 怖話(こわばな)

作戦はシンプルです。 リチャード・ストークスによるマスケリン伝説への批判サイト. マスケリンのロッジは彼自身の劇場で活動した。 第二次大戦における功績 自伝書『Magic: Top Secret』およびデビッド・フィッシャーの『The War Magician』によると軍におけるマスケリンの経歴は以下の通りである。 Deception in War (ジョン・ラティマー、、2001年) - 「Aフォース」の事実関係とその展開。 彼の経歴は胸躍るものだが、その最期はいくばくかの痛ましさを残している。 しかも巧妙なことに、 「ドイツ軍の空爆の跡」まで再現してしまった。 彼はテムズ川で鏡と模型を使ってドイツ軍艦のを作ってみせ、当初は懐疑的だった士官を納得させた。

>